江戸文化の箱根寄木細工
(有)本間木工所/本間寄木美術館





木象嵌とは?

木象嵌(もくぞうがん)は種々の天然木材を用いて絵画や図柄を表現する木画技術です。

この技術は小田原、箱根地方では明治中期頃新しく開発した糸鋸機械にミシン鋸を着装し、台板に画いた模様にそって挽き抜き、同型に挽き抜いた模様材をはめこんで、絵画や図案を作成する技法です。

こうして完成したものを種板といい、特殊な大鉋で薄く削って製品にするもので、この技術は世界的に例のない伝統工芸技術として貴重なものです。

木象嵌
製作技法は三種に分けることが出来ます。
  日本においては正倉院御物に多く見受けられる手法で、ノミや小刀を用い図案を彫りこみ、これに合せて異種材を同型に加工し彫りこんだところへ埋めこむ技法で、一品的又は大作の加工技法として伝承されてきましたが、現在では東南アジア諸国の作品に見られます。
  一般的な技法で各種使用材をおよそ1cm位の厚さに揃え、台板になる材の上に模様となる材を重ね仮止めし、模様を画き2枚重ねたままミシン鋸で鋸断し、上部材(模様材)を下部台板にはめこむ技法。
  はめこむ材に所要の図案を画きミシン鋸で鋸断した後、台板になる材へ挽き抜いた模様材の輪廓を写しとり、これをミシン鋸で挽抜き、模様材をはめこんで作成する技法。
  二と三のミシン鋸歯を進行させる技術は周到な注意力と高度な熟練を要します。
  このようにして完成したものを「種板」といい、これを特殊な大鉋で経木状に薄く削りますが平均した厚みに削成する技術にも細心の注意を必要とします。種板から数十枚もの経木状に薄く削成したものを「ヅク」を称し、小箱類の表面加飾とし多く用いられてきました。
  この製法は世界的に例がない珍重すべき技法で、現在、我が国では小田原地方が唯一の技術保有地で伝統工芸技術として貴重なものです。
【木象嵌に使用される木材】
あかぐす、かつら神代、朴、えんじゅ、まゆみ、にがき、くるみ、その他
お問い合わせinfo@yoseki-honma.com





無断でこのページの内容を複製・転載することを禁じます。  All Rights Reserved. Copyright © (有)本間木工所